トップページ  格安ツアー 東京(羽田)-宮古島(宮古)
片道・直前航空券 羽田から宮古 発はコチラで  
グッド・エアーズ HOME
●JALレンタカーオプションのご案内(ご希望の方はコメント欄にご記入ください。)PDF形式/152KB
 ※予約受付ご出発の7日前13:00まで(土・日・祝日除く)  

 東京(羽田)-宮古島 格安航空券(往復料金表示)+ホテル1泊付ツアー 再検索する >>

往路・復路の日程・人数 をご希望に変更後、下のプランをクリックしてください。矢印 右側に料金詳細が表示されます。

 ⇒ 往路・復路のフライトを選択 ⇒ ホテルを選択 ⇒ 注文フォームへ進む

※T&T PLAZAのツアー検索システムでは基本料金・フライト加算料金・ホテル加算料金などがすべて自動計算できます。お客様は日程・人数・フライト・ホテルを選んでいただければ簡単に料金がわかります。旅行・出張・帰省などのご予約に是非ご利用ください。

●宮古島
宮古島は沖縄本島から宮古海峡を経て南西に約300kmに位置し太平洋と東シナ海の間にある島です。
那覇からは飛行機で50分程度。羽田からは直行便も飛んでいます。宮古空港から市街地の西里大通りへはタクシーで約10分。 路線バスは2時間に1本程度出ています。
宮古島は、主として石灰岩からなる台地の島で川らしい川はないですが、地下水が豊富であり上水道の水源として湧水や地下水が利用されています。
来間大橋は宮古本島と来間島を結ぶ橋で前浜の美しい砂浜が見え最高のドライブスポットです。
隆起珊瑚礁で出来た洞穴と白い砂浜に青い海でガイドブックでも必ず掲載されているほどの代表的な「砂山ビーチ」をはじめ数々のビーチがありダイビング・シュノーケリングやカヌーも楽しめます。

●おすすめ観光スポット
☆ビーチ
【与那覇前浜ビーチ】
白浜の海岸が見渡す限り続く東洋一美しいとまで言われるビーチ。平良市外から車で約20分の距離にあります。宮古空港からは車で約30分。海岸線は約7kmの長く白い砂浜が続きます。バナナボート・ジェットスキーなどのアクテビティもあり。透明度も高く、沖縄で一番きれいなビーチと言われていますが、珊瑚礁や魚はあまりいないので、シュノーケリングよりは海の景色自体を楽しみましょう。このビーチでの夕日は必見です。
与那覇前浜ビーチは、毎年4月に行われるトライアスロンのスタート・ゴール地点としても有名です。大会前後の数日間は、宮古島のほとんどの宿泊施設が満室状態になるのでご注意を!

【吉野海岸】
シュノーケリングのできるビーチとして人気。珊瑚が海岸線に接近しており、5mぐらい沖へ泳げば珊瑚礁を見ることができます。珊瑚礁が海の荒波を和らげる役目をしているので、波は比較的穏やかです。水の透明度も高く魚も豊富。
珊瑚礁の上に立ったり、フィンで蹴ったりすると珊瑚礁は死んでしまいますので注意しましょう。珊瑚礁は固くて尖っているので怪我にも気を付ける必要があります。マリンシューズも身に着けましょう。また、餌付け、接触は禁止されており、貝や海藻を取らないなど、マナーは厳守しましょう。

【砂山ビーチ】
平良市街から北へ約4km、車で15分程度の距離にあるビーチ。粒の細かなサラサラの白砂と綺麗な景観の写真撮影や海水浴はおすすめ。海の透明度も抜群でシュノーケルで熱帯魚を見ることもできますが、潮流が速いのでオススメできません。ビーチへは一度砂山を登ってから向こうへ下りなければならないため、けっこう歩きづらいですが、砂山を越えて見えてくる海とビーチの景色は絶景です。また、有名な岩のアーチを通して見る夕陽は格別です。

☆アクティビティ・施設
【雪塩ミュージアム】
澄み切った宮古島の地下海水にはミネラル成分が豊富。その海水から作られる雪塩は、さらさらふわっとした感触です。2012年のモンドセレクションにおいて、雪塩120gが金賞を受賞しています。
雪塩ミュージアムでは、製造工程はもちろん雪塩の使い方から、宮古島に関するさまざまな情報まで、ガイドがご案内。ここでしか買えない商品もあるので、お土産にもオススメ。

【アソビタウン】
海宝館を中心に1日中遊べる地域一体型観光エリア。平良港から車で40分、 宮古空港からは20分の距離です。
ウミガメの楽園での体験ダイビングやシュノーケリング、シーカヤックやトレッキングでの鍾乳洞体験、12,000点もの世界中の貝のコレクションが見られるシェルミュージアム、オリジナル貝細工体験など、沖縄ならではの体験がいっぱい。
海宝館の庭の片隅には水の神様を祀った小さな祠(ほこら)「竜宮の祠」があります。

【ユートピアファーム宮古島】
南国の香りがいっぱいの施設。宮古空港からは車で約10分。ブーゲンビリア園、ハイビスカス園、マンゴー園、パパイヤ園などがあり、南国気分を満喫できます。パーラーでは、店内手作りの香ばしいワッフルコーンに、農園内でとれた新鮮トロピカルフルーツをたっぷりと使ったソフトクリームやトロピカルジュースをお楽しみください。一番人気はやっぱりマンゴーソフト♪

●沖縄の気候について
<年間平均気温>23.1℃ 3月から気温の上昇に伴い海水温も上がります。本格的な海水浴は5月から10月いっぱいくらいまでと考えてよいでしょう。
<湿度>沖縄は海に囲まれているため、年間を通して湿度は高め。特に5月中旬から梅雨に入り、連日80%を超える湿度になります。6月の平均湿度は83%。高温多湿で年間の降雨量は2000ミリを超えます。海に囲まれているため天気は変わりやすく、実は最高気温が35℃を超える猛暑日になる日数は少ないのです。逆に冬は10℃を下回ることがほとんどありません。気温、湿度が落ちる10月頃は沖縄では最も過ごしやすいシーズンなのです。
<日差し>青い空、輝く太陽のイメージのある沖縄ですが、年間日照時間および年間晴れ日数は共に全国35位。意外に曇り空が多いのが特徴です。晴れていると思ったらスコールが降ることも…。ただし沖縄の日差しの強さは強烈です。肌に突き刺すようで痛いと感じるほどで、日焼け対策をしないと重度の日焼けになりかねません。沖縄の紫外線は1年を通してきつく、ほぼ1年を通して日焼け対策を万全にすることが大切です。

宮古空港 MAP

ページトップへ戻る
Copyright(C) T&T PLAZA by GAI Inc. All Rights Reserved.